【ESO】PVPをしないでシロディールを楽しむ方法。PVEプレイの旅ガイド

3陣営入り乱れての陣取り合戦が楽しいシロディールですが、一方でエリア内にはそれと全く関係のないコンテンツも多数用意されています。PVP要素以外のシロディールライフを楽しみたい方のために、シロディールを実地で駆け巡っている筆者が雰囲気とポイントを解説します。

 

意外と安心、シロディールのルールと雰囲気

今までもネットゲームをプレイしてきた方や、ゲームの情報によく触れる方は、PVPは何だか怖いものという印象がある方も少なくないのではないでしょうか?

急にPK(プレイヤーキラー)されてアイテムを奪われた……PVPエリアで死ぬと装備品などを落としてしまう……など、他ゲームにあるシビアなゲーム性は好みが分かれるもので、遠慮したい方も居るはず。

でも、ESOのシロディールはPVPエリアとはいえ、PVEを遊ぶ分にはほぼ通常エリアと同じように遊べます。

 

1.デスペナルティは一切なし!

ESOは元々、キャラクターの体力が尽きて死んでしまった時のペナルティが非常に小さいです。お金が減ることもないですし、装備品を失うこともありません。装備の耐久度が下がるだけです。修理費がかかりますが、それも微々たるもの。

そしてシロディールでは、他プレイヤーに殺されても、一切ペナルティがありません。装備の耐久度も下がりません。シロディールの地上で他プレイヤーに倒された場合は、自力でその場復活できないので近くの砦まで戻されてしまうという面倒さはありますが、特に何かを失う心配はありません。(DLCコンテンツのインペリアルシティ内ではまた少し別のルールがありますので、ご注意を)

 

 

2.砦や施設の近辺、前線に向かう道以外で襲われることはまずない。

そもそも、他プレイヤーと戦闘したくないという方も居るでしょう。その場合、マップを見て戦闘中になっている施設と、違う陣営同士の陣地が隣接している場所を避ければ突然の戦闘になることはまずありません。

見境なく他陣営のプレイヤーを襲うことに、メリットがないからです。

PVPの同盟戦争に参加して、自軍の勝利を目指しているプレイヤーは、わざわざ戦闘が起こらない場所へは向かいません。砦を落として陣地を奪うためには1人では不可能(本当にどうしようもないです)であり、少なくとも4~6人は必要です。なのに、敵の砦や戦地に集まらずに当てもなくフィールド中を駆け回り、PVEを求めて野外に居るプレイヤーを襲うようなことは全くの無駄であるため、砦や施設に向かう道でなければ攻撃される事はまずありません。

 

【戦闘が起こりやすい場所図解(例)】

砦や施設のバックにギザギザした光が出ているところor剣がぶつかっているアイコンが出ている場所は、戦闘真っ最中のところです。NPCとバトルしている場合もありますが、大体すぐにマップを見たプレイヤーが援軍に向かってきます。

また、戦闘中ではなくとも、別陣営の領地と隣接している砦とその付近の施設、そしてそこに向かう道はプレイヤーが攻撃に向かっている可能性が高いです。戦闘になっている、またはなりそうな陣地への経路を通ろうとすると、砦に辿りつく戦力を減らそうとして道で奇襲してくるプレイヤーに攻撃される可能性があります。

逆に言えば、そこ以外で戦闘が起こる事はまずありません。砦への最短距離にならない道や山中、戦線から離れて安定している領地ならばほぼ安全に探索できます。

もしも戦地になり得ない場所で攻撃されたら、それはもう愉快犯です。デスペナルティもないので、殺されてしまったら他の場所にテレポートして立ち去りましょう。とはいえ、地図にも表示されない他陣営プレイヤーを、殺すメリットもないのに放浪してまで探すプレイヤーはまず居ないでしょう(筆者も、解説した危険域以外で襲われたことはありません)

 

 

3.同盟戦争は、ルール的に見るとスポーツマンシップにのっとった陣取りゲーム。理不尽なPKはその人の利益になりません。

先の項目でも解説したように、シロディールの同盟戦争は、ダンジョンやクエストを楽しもうと前線以外を探索しているプレイヤーを襲っても陣取りの仕組み的に意味がありません。単に他プレイヤーとバトルがしたい場合、通常エリアでも『決闘の申し込み』をすることでPVPができますので、単に戦いたいという理由でフィールドを放浪する意味もありません。

シロディールで他プレイヤーと戦って遊びたいならば、敵の砦に向かうか襲われている自軍の砦に向かわないと醍醐味がありません。ですから、PVEを遊ぶ分には通常エリアとほとんど同じ感覚で楽しめます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今まで「シロディールのエリアに入るのも何だか怖そう」と思っていた方も、地上やダンジョンのシャードを集めたりクエスト探しをしてみようかなと思える手助けになれましたら幸いです。

ただ、自軍が陣地を多く取っている方が移動しやすい範囲も広がりますし、デスペナルティもないのでなんとなく近くの戦闘に混ざってみることも気軽にできますから、気が向いた時にふらっと対戦にも参加してみても、新しい楽しさが見つかるかもしれませんよ。

 

 

コメント

まだコメントがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Sidebar