PVPでもPVEでも。シロディールのキャンペーンガイド

陣取り合戦のPVP、クエストやダンジョンのPVEの両コンテンツがあるシロディールですが、通常エリアとは行き方も帰り方も異なる場所なので、そもそも行くまでに戸惑う方も多いのではないでしょうか。

当記事では、シロディールに入るまでの手順と、どこに入れば良いかを目的別に解説していきます。どんな風に遊びたいかによって入るキャンペーンの選び方も代わるので、気分に合わせた場所でシロディールを楽しみましょう。

 

『キャンペーン』とは?

キャンペーンとは、スポーツなどでいう「リーグ」のようなものです。ルールや試合日数によって分かれていて、どのリーグに参加するか、という意味合いと考えると分かりやすいかと思います。

ちなみに、それぞれのキャンペーン名は、ESO世界の神様的な存在の名前になっているようです。

キャンペーンの入り方

シロディールのキャンペーンに入るには、前提としてキャラクターレベルが10以上になっている必要があります。

条件を満たしたら、まずは「L」キー(標準設定の場合)、もしくはメニュー画面で砦のアイコンをカーソルでクリック。

 

同盟戦争のメニューが開きますので、「チャンピオン無効・30日間」「一般戦<30日間>」などが表示されているところをクリック。例として、「一般戦<7日間>」の中からキャンペーンを選びます。

 

続いて、キャンペーン名を選択or右クリックすると選択メニューが出てくるので、ホームかゲストを選択。ここではホームを選択します。

 

確認画面で「E」キーor承諾をクリックで完了。

 

 

ホームキャンペーンを設定すると、キャンペーンの状態を確認できるようになります。ホームキャンペーンの現在の様子や、各同盟が獲得しているポイントの状況などが確認できますが、当記事ではその詳細は一旦省きます。

ホームに設定したキャンペーンを選択して「E」キーを押すか、右クリックで選択メニューを出して「キャンペーンに入る」を選び確認ポップアップを了承することで、キャンペーンに入れるようになります。

 

ホームとゲストの違い

ホームキャンペーンに設定すると、そのキャンペーンで同盟に貢献した場合にポイントが入り、規定日数終了ごとに貢献度に応じて報酬がもらえたりするようです。また、プレイヤー同士の貢献度ランキングに参加できます。

ゲストキャンペーンの場合は、ランキングを利用できず、キャンペーン報酬がありません。

ホームかゲストに設定しなければキャンペーンに入ることができないので、同時に入場権を得られるのは基本的に2つのキャンペーンまでになります。(グループメンバーが参加しているキャンペーンの場合、グループ入場によって入ることができます)

キャンペーンに人が居るか居ないか、そこでPVPが起こっているかどうかはその時々によりますので、プレイスタイルに合わせて人が多めor少なめのキャンペーンを選び、自分の望んでいる状態(PVPがしやすい/PVPが起こりにくい)になっている方のキャンペーンに入って遊べるようにすると良いでしょう。

 

それぞれのキャンペーンの特徴

キャンペーンはキャラクターのレベル制限、チャンピオンスキルの有効or無効、スコアの集計期間によって分かれていますが、どれを選べば良いのか最初はよく分からないと思います。

ここでは、それぞれのキャンペーンについて特徴や雰囲気、PVP向きかPVE向けかについて簡単に解説します。(※筆者の主観と経験によるものですので、差異がある場合もありますがご了承ください)

 

 

・チャンピオン無効(30日間):ソーサ・シル -PVP向き

人はさほど多くありませんが、チャンピオン無効のキャンペーンで遊びたいのであればこちらを推奨します。期間が長いので、腰を据えてプレイすれば貢献度での報酬を得やすくなるはず。

チャンピオン無効とはいえ、その分スカイシャードやクエストでスキルポイントを集めているかどうかで強さが左右されるので、タムリエルを多く探索しているキャラクターでないと前線で戦うのは厳しいかと思います。

 

・一般戦(30日間):ヴィベク -PVP向き

最も人が多いキャンペーンです。

どの時間帯でも人数を示すバーが2~3本ついており、11~15時には入場制限がかかっている事もしばしば。(昼ごろに入場制限がかかる理由は後述)プレイヤー同士の陣取り合戦を楽しみたい方はここがオススメです。

チャンピオンスキルが有効であり、やり込んでいる時間によって一番キャラクターの性能に差が出る場所のため、チャンピオンレベルがまだ少ない方や立ち回りに自信のない方は攻城兵器を使ったり、ヒーラーとして参加するのがいいでしょう。

 

・一般戦(7日間):カスタブ、ザルクセス、ショール -PVE向き

同じルールで3つのキャンペーンがあるだけあって、人の動きがあまりありません。人の少ない時間帯を選んでキャンペーンに入れば、チャンピオンスキルを利用しながらダンジョンやクエストを攻略する事ができます。ただし、インペリアルシティに行く場合は注意。チャンピオンレベルが桁違いのプレイヤーと鉢合わせした場合、勝ち目は非常に薄いでしょう。

 

・チャンピオン無効(7日間):アルマレクシア -ややPVE向き

あまり動きがなく、人の少ない時間を選べばPVEで遊びやすいキャンペーンです。ただ、昼間は意外と動きがあることも。

腕に自信のある方は、ここで集中的にプレイすることで、皇帝に即位することができるかもしれません。

 

・レベル50以下:カイネ -PVE向き

レベル50以下のキャラクター限定のキャンペーン。当然初心者の方が多いので、そんなに活発に戦闘は起きないようです。やり込んでいる方のサブキャラが来ているかもしれないので、戦闘しに行く場合は油断は禁物。
レベル50に達すると入れなくなるので、PVEメインで遊びたい方は一般戦かチャンピオン無効の7日間の方へ登録しなおしましょう。

 

キャンペーンの賑わう時間帯(共通)

エルダースクロールズオンラインは世界中のプレイヤーが集まるゲームであり、プレイヤーの大多数は欧米の方々です。

欧米と日本には時差があり、アメリカと日本の場合、時差は約13時間。日本に住む多くの方々が学校や仕事を終えてゲームをしようかという19~23時頃はアメリカでは2~6時の深夜から早朝であり、大体の方は就寝しています。

そのため、日本時間の19~23時ごろはシロディールも人が少ない時間帯。ヴィベク以外では戦闘が全く起こっていない場合が多く、動きのないキャンペーンを選んで入ればクエストやダンジョンなどのPVEをほぼ安全に楽しむことができます。

逆にPVPを楽しみたいのであれば、11時~15時をオススメします。この時間帯がアメリカの19~23時であり、もっともキャンペーンが賑やかになっています。(ただし人が多すぎて、ヴィベクは入場制限がかかっていることもあります)

 

その他、キャンペーンについて覚えておくといいこと

人の居ないキャンペーンでは、グループやギルドメンバーで素早く領土を回ってプレイヤーの居ない砦を落としていくことで同盟ポイントを稼いだり『皇帝に即位する』の称号を比較的少人数の人員で得たりすることができるため、稀に怒涛の勢いで領土が塗り替えられる時があるでしょう。PVPをしたくない場合、その気配を感じたら他のキャンペーンに移動しましょう。

 

コメント

まだコメントがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Sidebar