【ESO設定】日本語版ESOでも、英語の字幕と音声に切り替えられる!

 

日本語版のTESOでは、字幕は当然ですが、宿屋などで聞ける吟遊詩人の歌以外は音声も全て日本語の吹き替えになっています。それはとてもありがたいですが、ちょっと原語版の音声も聞いてみたい…ということはありませんか?

また、英語版からスタートして日本語版への切り替えを行った人の中にも、またあの音声を聞きたいという方もいるかもしれません。

実は、日本語版のESOで字幕や音声などのインターフェースを英語版に切り替えることが可能になっているようです。(参考:公式サイトのサポートページ http://help-jp.elderscrollsonline.com/app/answers/detail/a_id/36039/)

当記事では、英語との切り替えを可能にする方法と、必要な容量についての情報を掲載。

 

設定手順

ランチャーを起動し、右上の歯車のアイコンをクリックして設定画面へ。

 

設定画面で、「言語」をクリック。

出てきたメニューで「Einglish」を選び、下の「適用」をクリックすれば完了です。

ここで注意。

言語はいつでも切り替えられるのですが、初回の設定変更時は英語の文字データと音声データをダウンロードする必要があるため、時間を要します。そのため、すぐにプレイしたい時に初回の切り替えをするのはオススメしません。

ちなみに、必要な容量はというと、約8GB。公式サポートの説明文では「ゲームが2つ分になる」と書かれているので身構えてしまいますが、言語データと音声データがダウンロードされるだけのようなので安心。筆者の場合、数十分でダウンロードは完了しました。(回線などの性能にもよりますので、ご注意ください)

 

設定したあとについて

ランチャーの「プレイ」なども英語になりますが、あくまでも「日本語版に英語の字幕や音声を適用している」だけですので、お知らせなどは日本語です。またクラウンストアの利用やDMMポイントの使用、その他システム面についても日本語版の仕様になります。

もちろん、アカウント&キャラクターも何ら変わることはありませんので、文字と音声だけが英語になった状態で普段どおりにプレイできます。

 

 

色々なメッセージの原文を読むことができ、また原語版でのNPCの声を聞くことができます。中々、日本版とは違った味がありますよ。よく会うNPCキャラクターの台詞や音声を比較してみるのも面白いかも知れませんね。

コメント

まだコメントがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Sidebar